↓
今回、お話をお聞きした⼠業の⽅のご紹介
信成コンサルティング株式会社代表取締役 税理士高木 慎一

信成コンサルティング株式会社 代表取締役

信成国際税理士事務所 パートナー

税理士  高木 慎一
1976年 石川県金沢市生まれ
1999年 国家公務員Ⅰ種試験合格
2000年 横浜国立大学経済学部卒業、アクセンチュア入社
2004年 横田税務会計事務所入所
2006年 中央大学国際会計研究科修了MBA取得、税理士登録
2007年 税理士法人プライスウォーターハウスクーパース入社
2011年 信成国際税理士事務所開設
2012年 ノベル国際コンサルティング参画
2013年 日本税務会計学会国際部門委員就任

一般的な税理士業務を基本としつつ、移転価格コンサルティング及び国際税務戦略コンサルティングを専門としています。
税理士法人プライスウォーターハウスクーパースにおいて、移転価格文書の作成・移転価格ポリシーの構築等の幅広い移転価格コンサルティングを経験しております。また、海外展開している日系企業に対して、移転価格及び国際税務の知識を活用し国際税務戦略コンサルティングのサービスも提供しています。
CanaL法務会計事務所代表 行政書士 江田 一晶先生
CanaL法務会計事務所 代表
行政書士  江田 一晶
1975年 富山県砺波市生まれ
1999年 早稲田大学政治経済学部経済学科卒業
     セイコーエプソン株式会社入社
2008年 行政書士資格取得
     経営コンサルタントとして独立
2011年 CanaL法務会計事務所開設
2013年 信成国際税理士事務所参画

セイコーエプソン株式会社において、1)移転価格を中心とした国際税務業務、2)海外取引を中心とした決算・経理業務全般、3)資金管理、調達・運用、連結子会社管理等のファイナンス業務および、4)中期経営計画策定、M&A対応、新会計システム導入等のプロジェクトを経験後、予防法務、会計、経営戦略立案等に関するコンサルティングを提供する経営コンサルタント・行政書士として独立。 法務・会計の両面より予防法務の考えを軸に、お客様の事業活動をサポートいたします。

【Q1】.2人の連携のきっかけはどういうものですか?

「きっかけは、相手との共通項」

税理士 高木慎一先生

高木先生(税理士): 今思えば不思議なきっかけなのですが、2011年8月頃に私の事務所の引っ越しがありました。その際、友人に手伝いをお願いしたところ、その友人のお兄さんでいらっしゃる江田さんが、その日手が空いているとうことで参加してくれました。
 引っ越し作業終了後に皆で食事をしたのですが、江田さんと私の専門分野である移転価格の話になりました。江田さんも移転価格への知見があったことで、仕事の話が通じ合ったことが私の中では印象に残ったのだと思います。きっかけというのであれば、ニッチな分野の話が通じたことがきっかけになったと思います。

江田先生(行政書士): 私も、とても印象的なきっかけだったので当時のことはよく覚えています。たまたま、弟から手が空いていれば友人の引っ越しを手伝ってくれないかという声がかかり、高木さんの引っ越しのお手伝いに参加することになりました。この時点では高木さんが税理士ということは聞いていましたが、連携してお仕事をする等の具体的な考えはありませんでした。
 その後は、高木さんもおっしゃっていますが、引越し後の食事の場面で以前の職場で実務経験のあった移転価格をはじめとした国際税務の分野の中でも、移転価格について話が盛り上がったことが強く印象に残りましたね。
弟の友人ということでの信頼感もありますが、互いに移転価格という共通項を持っていたことが、今の連携のきっかけになっていると思います。前職での経験にとても感謝しています(笑)。

【Q2】.士業連携の相手に求める条件はどのような点ですか?

今の自分と同じマインドで仕事ができること

高木先生(税理士): 顧問先のお客様の規模やご依頼いただく内容によって、事務所の案件についても質的にも量的にも効率よく対処していくことが求められるため、他の士業(専門家)との連携が不可欠となってくるかと思います。
 そこで、連携相手に求める条件としては、事務所の成長とともに「同じマインド」で仕事ができるかどうかというのが重要です。ただ、こればっかりは一緒に仕事をしてみないと連携相手についてわからない点もありますので、試してみるということになります。
皆さんも連携で1度や2度の失敗はあるかと思いますが、連携相手にお願いしたい仕事が、期待した形にならなかったことや、仕事を任せてみたら意識がそもそも違ったなどといったことかがあるのではないでしょうか。こういう失敗を少なくするためにも同じマインドで働けるかということが大切だと考えています。

江田先生(行政書士):サムライソーシャルのサイトでの検索条件には、年齢、出身地、学歴、開業年数、事業会社での経験の有無、専門性など、様々な検索軸がありますが、連携の第一歩という意味での条件は、このような条件で共通項を見いだせることは有意義な検討材料になると思います。
 士業者でがあるという条件だけでは、いきなりお仕事を任せられることは難しいと思いますが、士業者であることにプラスして共通項を見出だせることは、その関係を発展させるための貴重なきっかけになると思います。
 また、継続的な連携ができるかどうかは、成長の度合いやスピードが合っているかということも影響するように思います。開業して間もない方が、熟練の士業の方と連携すること(師弟等の関係は除きます)が稀なのと同じで、同じぐらいの歩幅で仕事している方との連携のほうが、何かと困った時に気軽にサポートし合える仲になりますから。高木さんがおっしゃっている「マインド」に共通する部分ですね。

【Q3】.その後、はじめてお仕事で連携したのはどのようなタイミングだったのでしょうか?

まずは、一緒に仕事をしてみるという方針から

高木先生(税理士): 最初の出会いから、4ヶ月後ぐらいだったと思います。ちょうど、知人から会社設立の相談をいただいた際に、江田先生に会社設立のお手伝いをしていただくお願いをしました。もちろん、引っ越しの手伝いをしてくれたお礼ではないですよ(笑)
 私の場合、専門分野が特殊なこともあり国際税務への専門性を高めていくことに集中していきたいという方針があり、顧問先からの依頼を安心して任せられるパートナー探しが急務の課題でした。そのため、積極的に、いい機会(仕事)があれば、連携パートナーさん候補と一緒にお仕事をさせていただく方針もあり、すぐに江田さんにお願いすることにしました。
 これは、持論ですが、実際に何度か会ったことのある士業の方がいても、話しただけでは分からない面が多々あります。専門分野のお仕事を一緒にしてみるということが、次回以降も安心して仕事を任せられる将来的なパートナーとしての見極めになります。

江田先生(行政書士): その節はありがとうございました(笑)。 士業連携については、私も高木先生と同じような考え方をもっています。
 同じ士業でも専門性という点では、各先生又は事務所によって様々です。自所のメイン分野以外の依頼であれば、それをより効率的に質の高い成果を提供できる方にお願いすることは、事務所の発展への重要な視点であると思います。お客様によく申し上げるのですが、やはり餅は餅屋です(笑)。
 また、幸いにしてお互いに知識を共有する専門分野がある場合は、まずその分野で一緒に仕事をし、互いのレベル間や成果の質を実際に確認することが、更なる連携の深化への早道のようにも思います。

【Q4】.初回の連携から、現在の強固な連携に至った経緯について教えてください。

身近な相談相手が自然と強固な連携になっていく

高木先生(税理士): 江田さんとは出会ってから半年程度ですが、今では同じフロアで一緒に仕事をするまでの強固な連携になりました。具体的には、ホームページに事務所スタッフの一員のような形態で掲載させてもらい、仕事で利用するメールアドレスも事務所のドメインのものを利用いただき、提携パートナーとして相互にサポートし合えるいい関係です。
 ここまでの連携になった理由は、大きく2つあります。1つは、江田さんが近くに事務所を構えていたことで身近に相談できる環境であったこと。2つめは、お客様のニーズに答えていく中で、国際税務の専門性の実務経験がある方の力が事務所として必要になってきたことから、仕事ベースで江田さんにご協力していただく機会が増えていったことだと思います。

江田先生(行政書士): 現在の連携環境はとてもありがたく心強く感じています。その環境に至った理由は高木先生のとおりだと思います。 また、個人的に思うのはWEB上でのやりとりが進んだ現在でも、近くですぐに顔を交えて話ができることは、互いの信頼感等を高めるのに大きく影響するように思います。

【Q5】.士業ソーシャルへのご意見・ご要望があればお願いします。

同じエリアで、定期的に固定メンバーが集まれるような機能を追加して欲しい

高木先生(税理士) 江田先生(行政書士): サムライソーシャルは、既に500人近い士業の方がご登録されているとのことで、士業の方にとっては効率よく連携相手を見つけられるツールとして認知されてきているようですね。開業して間もない士業の方や飲み会などのイベント的な集まりに参加することに抵抗感がある方にとっては、とても便利なツールだと思います。
 我々の立場からサムライソーシャルへの要望があるとすれば、開業から数年以上経っている士業の方が定期的に活用できるような機能やコンテンツが欲しいですね。例えば、我々の事務所ではいくつかの分野では既に連携メンバーが固定化しているため、新しい分野でのみ連携パートナーを探している状況です。こういう状況で、チームとして新しい連携パートナーを募集できたり、特定エリアで複数の士業が定期的に集まって情報交換・仕事のやりとりできる機能があると重宝します。今後益々の発展に期待しています!

ページトップへ